ブランドバッグ買取鑑定局

ブランドバッグ買取はおすすめ?

ブランドバッグ買取にレザー、エナメルなど素材別お手入れや保管法

ブランドバッグ買取を考える場合、少々の傷や汚れがあっても買取は可能ですが、より高額にブランドバッグ買取をしてもらうなら、普段のお手入れやメンテナンスをしておくことがとても肝心となります。

革製品は素材によってお手入れ方法が変わります。基本のお手入れは、使用前に防水スプレーをします。汚れがつきにくくなり、アフターケアが楽になります。スプレーは必ず30㎝以上離し、むらがないようまんべんなくかけます。使ったあとは、革専用ブラシで表面の埃や汚れを落とすか、乾いた柔らかい布でから拭きをします。

スムースレザーは傷がつきにくい馬毛ブラシ、起毛素材のスエード・ヌバックは静電気のおきにくい「天然性ゴム」のブラシを使用します。特に起毛素材は静電気に弱く痛みやすいので注意が必要です。雨に濡れてしまった場合は、乾いた布やタオルで叩くように水気を取ります。バッグの中にはタオルや新聞紙をつめ、日陰において良く乾かします。完全に乾いたらクリームを塗ります。

ヌメ革の場合、買ったばかりのときは白っぽく、汚れがつくと目立ちます。ゆえにすぐに日に当て、日焼けをさせます。色がつきますが、革自体の持つ油分が表面に浮き出て保護膜を造ってくれるので、汚れが付きにくく、また落としやすくもなります。基本は日々のから拭きです。かさつきが気になってきたら専用のクリームを塗り込みます。部分的な汚れには皮革お手入れ専用の消しゴムを使います。

エナメル革(パテントレザー)の場合、専用のクリームを使うことが最も大事なことです。エナメルには、特殊コーティングが施してあるので、通常の皮革用の靴クリームを使うと艶がくもってしまいます。

そしていざブランドバッグ買取に出すときには、埃のたまりやすい部分を丁寧に掃除します。バッグの外側、ファスナーエンドの部分やバッグ内側の四隅、内ポケット部分などをガムテープや掃除機を使い、取り除きます。キャンバス素材の場合は、外側を粘着テープのついたローラーで掃除するのも良い方法です。

また、ブランドバッグ買取のさいに注意が必要な点は、匂いです。タバコ、香水、食べ物、カビ、動物臭など、いわゆる生活臭は本人には気づきにくいもの。ブランドバッグ買取の直前はもちろん、普段から保管場所には風通しの良い、直射日光の当たらない場所を選んでおきます。長期に保管する場合は中を空にし、内側の汚れや埃を十分に落としたうえで、陰干しをしてから保管するようにすると良いでしょう。型崩れ防止のため、バックの中には新聞紙や紙を丸めたものを入れます。

このように、日頃のお手入れや簡単な掃除でブランドバッグ買取時の査定額には大きな差がでます。少しでも高く買取してもらうために、一手間かけてみましょう。

Copyright(C)2014 ブランドバッグ買取鑑定局 All Rights Reserved.